イチゴ鼻や小鼻の黒ずみ、頬の毛穴の開きなどなど、お肌の悩みはつきません。

高い化粧品を買うお金はないし、ゆっくりお肌のお手入れに時間を使う余裕もない。

そんな忙しい女性にお勧めなグッズがこんにゃくパフなのです。

こんにゃくパフは、その名の通りこんにゃくから作られたパフのことです。

最近は100円ショップでも見かけるようになりました。

このこんにゃくパフの使い方はこうです。

入浴中の洗顔時、泡立てた石鹸で顔を優しく撫でた後、お湯をたっぷり含ませたこんにゃくパフで優しく気になるところをくるくると撫でていきます。

ゴシゴシ擦らず、あくまでも撫でるイメージです。

試しにこんにゃくパフで撫でる前と撫でた後の顔の手触りを比べてみてください。

本当に違うんです。

続けることで徐々に黒ずみか気にならなくなりますよ。

但し、汚れを抜群に落としてくれる分、お風呂後は感想しやすくなりますからご注意ください。

脱衣場に化粧水を準備しておくのがお勧めです。

こんにゃくパフの洗顔の良いところは、高い洗顔料などが必要ないところ。

ひとつ100円の石鹸で十分顔がつるつるになりますよ。

どうぞお試しください。

朝は手軽に夜いたわる。やりすぎないことが私流

小さな頃から朝は水洗顔のみです。

元々乾燥肌ということもあり、母の勧めで朝は洗顔料を使ったことがありません。

そしてなるべく水で洗うこと。

この二つを今も行っているおかけがはわかりませんが、29歳になる今も肌は褒められます。

ニキビに悩んだこともほぼなく、一つできたとしてもすぐに消え、複数個できたことはありません。

逆に兄は朝も洗顔料がっつり、すすぎもこれでもかというくらいしますが、常にニキビと毛穴に悩み、今は若かれし頃のニキビ跡に悩んでいます。

また、私は朝と夜のスキンケア商品は別のものを使うようにしています。

朝はプチプラな美白タイプの””””豆乳イソフラボン””””とその乳液、最近は居住地がとても乾燥しているために””””MINON””””の化粧水と乳液(もっとしっとりタイプ)を使っています。

仕上げは10年以上使用している””””アンブリオリス””””クリームを塗って基礎スキンケアは終了です。

夜は””””RMK””””のWトリートメントオイル美容液をつけてから、化粧水のスキンチューナートリートメント(EXTRA MOIST)、”CHANEL”のLE BLANC美白、しっとりタイプを使用しています。

夜はよりしっとり、香りがいいものを選んでいます。

最近はロクシタンのREINE BLANCHEホワイトニングセラムが気に入っており、化粧水の後につけます。

つけた瞬間から肌の透明度がアップです!
食事面では毎朝食必ず主食+フルーツとヨーグルトを食べます。

フルーツはビタミン、食物繊維、便秘は一番肌に出ると思うので腸内環境を整えるためにも必ず毎日ヨーグルトです。

そして一杯の白湯。

以前の仕事は早朝から深夜問わず不規則でしたので眠れる時に10分でも寝ることを心がけていました。

やはり睡眠は健康にも肌にも一番です。

忙しい朝は手軽に、夜はいい香に癒されながらのしっとりスキンケア。

何事もやりすぎないことが私流です。