30歳も半ばにさしかかってきた今日この頃。

最近の悩みはとにかく乾燥することと、薄?いシミ。

高校生の頃は日焼け止めなんてほとんど塗ってなくて、紫外線の強さなんて全く気にしていませんでした。

なので、毎日焼きたい放題でした。

真っ黒になっては、冬には白く戻る。

そんな学生時代を過ぎて、25歳を過ぎたあたりから少しずつシミが気になるようになってきました。

頬のあたりに小さな薄いシミが出てきたのです。

それでも、そこまでまだ気にはしてなかったかもしれません。

最近、肌にいい栄養ってなんだろうと思いいろいろと調べました。

まず、わたしの肌は何肌なのか。

たぶん、乾燥肌です。

頬のあたりは昼あたりになるとファンデがよれてきます。

しかし、鼻の頭はテカっているのです。

乾燥が原因だと知り、少し高めでもいいからしっかりといい化粧水と、乳液を使おうとセラミド入りのものに変えました。

お風呂の後の化粧水は、顔の水分を少し残したまま押し込んでいます。

少し水分を残しておいたほうが、呼び水の役割となって入り込みやすいようです。

あとは、ニキビもあごのあたりにできやすく、悩みのタネです。

これは、枕カバーをこまめに変えたり、今だったら毛布でこすれたりするとよくないかなと思い綿100%の布団カバーを使い、顔にあたるところを気をつけています。

朝の洗顔はぬるま湯ですます

私は乾燥肌なので、朝の洗顔は洗顔フォームや石けんなどは使わずにぬるま湯ですましています。

朝の洗顔については議論が分かれる所だと思いますが、いくら寝ている間に皮脂や汗や汚れがつくといわれてもたかがしれていると思います。

元々そんなに皮脂の多い方ではないし、汗は流せば落ちると思うし、寝てるだけで洗顔フォームが必要な程汚れるとはどうしても思えません。

それよりも、夜入浴後にせっかく丁寧にお手入れをして潤っているのに、その成分を洗い流す事の方がもったいないと感じてしまいます。

皮脂の多い人などは洗顔フォームを使った方がいいのかもしれませんが、乾燥肌の私にはマイナスの部分の方が大きく感じられます。

また、化粧品会社などでは乾燥肌の人は朝は使わない方がいいとは絶対言わないと思うので、色々と理由を並べられてもあまり信憑性は高くないように感じられます。

肌質別には使わなくてもいい場合があると言ってくれている所がもしあれば、そっちの方が余程信頼できるように感じられます。

商品は多くの人に合うように何でも中間の人に合わせて作られていると思っているので、そこからズレていると感じた場合は自己判断をキチンとしていかないといけないと思います。

以上の理由から私は朝はぬるま湯のみの洗顔が合っていると思うので、これからも続けていきたいと思います。