“肌への悩みは、解決することがありません。

いつでも何かしらのトラブルがあります。

20代のころは、多少の無理をしても肌に現れることはありませんでした。

その代わりに、化粧が崩れやすい
吹き出物がでやすいなどの肌トラブルがありました。

30代はソバカスやシミが気になり始めました。

40代となった今では、無理をすると肌に現れ、一気に疲れた印象になります。

また、肌のたるみやシワなど、一般に言われているような現象が間違えなくやってきました。

そんな40代になって、肌の洗顔の方法を少し変えてみることにしました。

昔からダブル洗顔などして、洗顔後の肌がヌルヌルしないようガッチリ洗顔していました。

しかし、これでは化粧水、乳液をつけてもきりがないと思い、なるべく肌に刺激のないように洗顔に”あえて”手を抜くことにしました。

もちろん、洗顔剤は泡立てて、泡は丁寧に落とします。

ただ、多少ヌルヌルした感じが肌にあっても、もうそこで洗顔は終わります。

そして、時間はあまりかけません。

この方法で、たるみやシワがなくなるわけではありませんが、肌がつっぱることがなくなりました。

いかに、今まで肌に負担をかけていたことかと振り返って、ゾッとします。

これから、また50代、60代と肌の悩みは尽きないことと思いますが、自分なりの方法を見つけて、楽しくお手入れしていきたいとです。

30代を過ぎてからのお肌のお手入れ

私は普段のお手入れはクレンジング、洗顔、化粧水、乳液、美容液のお手入れに時々パックを使います。

まずはクレンジングとアルソアの石鹸で汚れをしっかりと落とし、化粧水、乳液はアルビオンのものを使っております。

アルビオンは乳液の方が先ですので、コットンでくるくるマッサージするようになじませてから、化粧水を使います。

この時点でお肌はふっくらしますが、最後に美容液で蓋をして終了です。

美容液はお値段も高いことが多く、30代に入るまでは使用していませんでした。

ですが、日々感じる肌の衰えに美容液を使用したところ、これが明らかにお肌状態が変わってくるんです!
お肌の栄養ドリンクといいますか、これを加えることによってお肌の悩みに直接アプローチしてくれる気がします。

私は今メタトロンの美容液を使っています。

肌に元気がないな・・・という時には市販で売っているパックを使います。

普段はお手頃価格のパックを使用していますが、先日2500円ほどするパックを使った時は効果に驚きました。

ボトックス注射したのか!というくらいお肌がパーン!としていました。

お値段だけのことはあります・・・!
最近気を付けていることは食事面。

元々ズボラな性格なので油っこいものを控えるということくらいしか出来ていませんが、素材などにも気を配り、年を重ねるとともに内側から改善したいと考えています。